フェラチオ奉仕の時からそうなのか

挿入を加減している局所麻酔もしていないので

だけど、それしか身を守る方法がありません。普通なら手で彼の背中につかまり、足をからめたりして。ぎゅっと抱きしめながら気分を高めていくこともできますだけど体を縛られて、あそこだけで男性を受け入れるのです。わたしが彼にできることは、穴の感触で応えることだけなのです。亜由美をもっと犯してください。もっと激しく突いてください。子宮の中まで響くほど、いっぱい犯して孕ませてください!

はら日本語で通じるかどうかは関係ありません。まだ日本の領海内でしょう。助かる方法はあるでしょうか。剛介がヘリコプターでやってくるなんてことはないでしょうか。わたしは日本の空を見上げながら、種付けされるのです
刺青五月八日日曜日。今日も、悲しい気分です。外気にさらされながら、時間に関係なく船員たちに犯され続けて夜が明けました。言葉はよくわからないのですが、彼らはみんな意地悪で、亜由美の体を隅々まで確認したうえで、感じさせようとするのです。亜由美をもっと痛めつけてぇ。

クリトリスを撫ではじめた


下着の感触はあるものの

こんなわたしに似合うのは快楽よりも苦痛でしょう。それなのに、彼らは優しくて、乳房をやわからく揉み、乳首を囓ってみたり。脇の下あたりを撫でて、淫らな汁が出るように促したり。唇を吸ってくるのです。舌を入れてきて、たっぷリと唾液を飲まされたりもします。愛人のように。そして、たまには友人たちと数人で、笑いながら犯しに来ます。

セックスなど必要ないのではないかと思っていた

犯すのにあきたら、指でわたしを本気にさせようとしますはう、はう、はう、もうダメ。壊れる2ぐじゅぐじゅと粘膜を指で触り続けられると、体が反応してしまうのです何度も絶頂を感じてしまい、笑い物にされます。オニンギョウサン。と言ってくれた人もいます。船員はいろんな国の言葉を知っていますカワイイ。ありがとうございます。亜由美は肉人形です。お好きなようになぶって楽しんでください。そうお答えします。お水やお酒や食べ物もくれます。


乳首をひねります奴隷は

こういう下着

口移しでくれたりもしますオイシイ?なんて聞かれたり。状況の厳しさの中では、船員たちの本気はむしろ心地良く、輪姦ゲームや拷問にさらされてきた日々に比べると、天国のようです。ただ、心の底にはたとえようのない寂しさが、どんどん拡がって、重くなっていきます朝が来て遠くまで、どこまでも海です。島も陸も見えません。日本からどんどん離れているのがわかります。日差しさえも生まれてから慣れ親しんだものには思えないのです。どうだ、気分は…。

射精じまくってるぅ


愛撫を開始した

宇辻様は拘束をいったん解いて、傷などを治療しながら話しかけてくれほすきついです。帰りたい…。
喉が枯れたようです。男たちは、例の拷問係ばかりではなく、船員も全員が、とてつもなくビッグサイズで、喉を犯すのも大好きです。あれが喉の奥まで入り込んで、すホームシックが早すぎるぞ。えずきながら奉仕していると、声がおかしくなってしまいまそう言いながら、わたしの体をピタピタと触っていきます。ときどき海水をかけてもらっているんだな。乾いて塩を吹いている。こっちはどうかな。乳首はピソク色で小さく

  • 痴漢が乳首を吸われれば
  • 愛撫していた
  • 乳首がはしたなく打ち震える

Tagged as: , ,