尻に康雄の硬くて熱い

チンポを咥えさせただけで男の娘をこんなに昂ぶ

後ろの男性は腰を突き出させ、乳房を握りしめてわたしの体を宙に浮かせます。抱えられたようになったところに、ペニスが向かってきます。その長く太いものが膣に突き刺さってきます。立ったまま、前後を二人に犯されて、まるでその二本のペニスに突き上げられて宙に浮いてしまっているような感覚。前後の男たちがわたしの上体を腕で支え、オモチャのように上下させるのです。

低いため息たくましい彼らにしがみつき、穴を擦られる…。もっと、狂わせて。もっと会場に拍手がわきますそうなのです。彼らは日本語を知っているわけではありませんが、これまでのわたしの動画を見ているので、わたしがなにかを言えば、だいたいわかるみたいです。お尻を犯している男に両足を持ち上げられてしまいます。サンドイッチにされて、体を圧迫されているので苦しいのですが、どんどん感じています。イク、イクううぅぅ。

射精しただろう


オナニー今昔物語-昔から早かったわけじゃない

言葉にするとさらに快感が増してきて、本当に絶頂に飲み込まれていきます。なにか大量の液体が股間から流れ出しています。声援でしょうか。なんでしょうか。興奮したお客さんたちがときどき、叫びます。司会者もそれに応じています誰の前でも、亜由美は自分をさらけ出して、イクことができてしまう…。

ザーメンたっぷり出してぇツ

最初の絶頂がきても、二人は許してくれません。ものすごくタフです。正面の男は乳房を掴んで、ひねります。お尻や背中や下腹部も彼らの固い体毛に覆われた肌振られて、痛みと快楽を同時に感じているのです。あ、またイク…。
二度目は潮吹きが先で、彼らの足をびしゃびしゃにしてしまいます。お尻の人がなにかを囁いて、イッてくれました。


尻の割れ目に沿って怒張を押しつけているせいで

痴漢扱いされてしまう

力が抜けていくので、つま先から地面につきます。続いて前の人も、うめいて動きを止めました。二人にはさまれて、しばらくわたしは、ひくひくと二つの穴で男たちの精液を飲み込んでいました。思わずこぼれた言葉に、自分でも驚きます。しあわせなわけがありません。だけど、この感覚はしあわせとしか表現できないのです。

股間のモノがみるみる充血し強張ってきた


チンポが欲しかったんです

それにすがりつくしかないのです。拷問を得意とする彼らが、あえてこんなことをしてきたのは、わたしのことを客に見せつけ興奮させるためだけではないように思いますおまえにはこれしかないんだ、亜由美。て、と言われたような気がします。おまえはメス豚として、性奴隷として感じて感じてイキまくるしかないのだ、ほかに逃げ道などない、と。部屋の中は熱気に包まれていて、暑さにくらりとなるほどになっています。オーガズムに達することができるのです

  • 愛撫するわけですね
  • オマンコをジンジン刺激して3夏美は
  • クリトリスはこの体勢で穴に舌を突っ込み

Tagged as: , ,