オッパイを出す必要なんてないでしょ

奴隷に仕込まれているのに感嘆してい上げながら

核が、しっかりと捉えられている。彎、言わないでエ!二指の間に、亀裂の中に隠れていた陰祖父の術中にはまってしまった女の子が、涙混じりの声をあげた。逃げることも叶わぬまま催淫剤の薬効に取り込まれていくのだった。よし、よし、恥ずかしいお月経の話は、お爺ちゃんと二人だけの時にしてあげようねぇ。年頃の女の子が、お月経のことを他人に知られたらはずかしいものねぇ…思春期の心理を逆手にとって、愛児の羞恥心を巧みにあおっていく。

恥ずかしい秘密を共有することは、親密感を増す格好の手段なのである。桃子にとっては、死んでしまいたくなるほど恥ずかしい生理の秘密も老人にとつては、愛児のオシメ交換と同様にとても楽しい育児の一部なのである何よりも排卵日の正確な予測が必須の事項なそして添い寝の必要な若い娘との性生活には、のであった不自由な姿勢に抑え込まれている身体が、ビクンと揺れた。もう、お終いだからねぇ。はい、これでお終ぃだよう、桃子ちゃん。初枝の指が括約筋の抵抗をくぐり抜けるのを確認した老人は、顔を真っ赤にしてぐずり始めた愛孫を巧みにあやし始めた。身体のあちらこちらに大人の兆しがあらわれかけているとはいえ、心は傷つきやすい十三歳の少女なのである。

痴女と思われるだろう


チンポを入れて欲しいって思ってるんだろ

崩壊しそうになったら、羽交いにくるみ優しく支えてあげなければいけない。老人は、孫娘の羞恥部分を自らの唾液で湿らせてあげるほど愛しているのだった。口に含んでしめらせた指が、いつのまにか股間にのび、縦割れに沿ってゆっくりと上下している。クリーム容器のキャップを締めて数分もしないうちに、胡座の中の少女が気怠そうに身体を揺すり始めた。どうやら、肛門検温誘導剤が薬効を現し始めたようである。天使のおねだり。

アナルは初めての経験だった

は、薬用ワセリンを主剤に、肛門括約筋の抵抗を弱める筋弛緩剤と小児用として開発された催淫剤L。を配合した肛門潤滑剤なのである。恥ずかしがり屋の女の子に
大嫌いな肛門検温のおねだりを強いるため、強い掻痒感を醸し出すのが特徴であった。どうしたんだぇ、桃子ちゃん。ニンマリと頬を弛めながら、素知らぬ態度で応じた。簡単に聞き入れてもらえないことは承知の上で、懸命に哀願をした。


レイプなんかではなかった

股間を摩った

先ほどから恥ずかしい部分が熱くなり、異様な感覚が走り始めたのである。意識しないでいようとしても、とて堪えることができない。痒くて痒くてたまらないのである。一刻も早く両手の自由を回復して、掻痒感から逃れなければ…。ダメ、ダメ、まだお手々は、ほどいてやれないよううちの桃子ちゃんは、とってもおイタ好きな女の子だからねぇ。

乳首がちぎれ飛ぶような痛みを感じるのです


クンニリングスってやつね

ナイナイ帯を解いたりしたら、きっと悪さを始めるに違いないからねぇ。老人が、溺愛する少女をやさしく諭した。痒いの、お爺ちゃまア。だから、お願いイ。手をほどいてエ。涙まじりの声があがった。本当に堪えきれない様子であるんツ、痒いッてぇ、桃子ちゃんは、いったい何処が痒いんだぇ。薄皮をかむった器官をフルフルと揺すり立てながら、やさしく尋ねた。膣とアナルの快感が一緒になってだろう

  • 尻の下からクリトリスの部分を彼の唇に当てがい
  • 乳首をくすぐっていた
  • 巨乳であったとしても

Tagged as: , ,