勃起してますねクス男と

奴隷のくせに

これが何か判るかしら羞恥と快楽の中で、内女医が、薄緑色をしたカテーテルを手に取った。一般の病院にある内診室では、医師の処置が見えないようにカーテンで遮るものだが、愛育院の内診台には初めから設けられていない。あッ、導尿は、イヤあ。痛いことは、ゆるしてェ。クナクナとミミズのように揺れるゴム管を目にして、注射を怖がる幼児のような悲鳴をあげた。女医が手にしているのは、後端が二股に分岐した留置カテーテルであるウフフッ、結衣ちゃんは、経験済みだから分かるものねぇ。

初めは、チクッてするけど、あとは返って気持ちがいいでしょう。怯える少女の目の前で、見せびらかすように液状ワセリンを塗布していく。無影灯に照らされて、シリコンゴムで作られたカテーテルの表面が異様な光沢を帯びはじめた。医療用の手袋を着けた指が亀裂に添えられ、番敏感な部分が、生きた標本そのままにさらけ出されていく。白く濡れ光る尿道口が見えた。ゆっくりとvの字型に拡げられた。

股間がよく見えるソファに座ってじっくりと見物


男の娘乳首で

女の子の一舟形をした器官のほぼ中央にト夬こ、ピンセットでイソジン液を染ませた綿球をつまみ、ポンポンと叩くようにして尿道口を消毒する。導尿を嫌がり腰をよじって懇願する姿が、なんとも可愛らしい。初診以来、何度も導尿をされているため、感触だけで処置の手順が分かるのだった。ほうら、カテーテルが入るわよ3直ぐには挿入せず、カテーテルの先端で、わざと尿道口の周囲をなぞって恐怖感を煽っているポッチリと開いている尿道口に、カテーテルの先端を押し当てると、開脚器に支えられた脚がカクカクと揺れた。だが、脛を固定している11本の保護ベルトには、微塵の弛みも生じない。

女子高生は子どもがむずかるような声を発して悶

無防備に拡げられた股間を窄めることもできないまま、痛みの伴う施術を受けなければならないのだった。ほうら、入ったわぁ。もう大丈夫ねぇ女医が手にしている十二フレンチのカテーテルは、成人用のサイズである。初めての導尿の時は、子ども用の十フレンチの太さでも痛みを覚えたものだが、馴致されていたのだった。少しずつ太いものに替えられ反応を見極めながら、薄緑色をしたシリコンカテーテルをゆっくりと送り込んでいく。液状
ワセリンの潤滑作用にくるまれながらツーツと尿道粘膜を分け入っていく感覚が指先に伝わってきた保護者にあやされてる女患児の顔をのぞくと、額に小じわを寄せて痛みに耐えている。


セックスしているという話を読むとだから

尻に当てられた瞬間

前回より一回り太目のカテーテルを選んだため、辛そうである。だが、皮膚麻酔をほどこすと尿道感覚の目覚めが遅れてしまうため、キシロカインゼリーを用いることはしない。砕石位の姿勢をとらせれば、女の子の尿道は屈曲部が生じないため、十二フレンチのサイズでも充分に呑み込めるはずである。小学生のように幼く見える身体がピクンと跳ねた。カテーテルを進める指先に、かすかな抵抗を感じる。

乳首のあたりを手や口で


ペニスを自分で擦りたてる

先端が、膀胱の出口を閉鎖している尿道括約筋に突き当たったようだ。はい、身体の力を抜いてぇ、大きく息を吸ってェゆっくりと吐き出す。フーッ、はい。カーテルを少しだけ引き戻し、息を吐き出すタイミングを見計らって、やる。二度、三度と繰り返すうちに、徐々に緊張がほぐれはじめたツーッと押し込んでツンと押し込んだ瞬間、の液体がこぼれはじめた。関門を脱けたようだ。二股に割れたカテーテルの一方から、尿の流出は、カテーテルが膀胱に達した証しである淡黄色妊娠反応を検査する大事ビーカーを手にした看護師が、な試料なのである。射精が終わった

  • ペニスを垂直に立たせたそう考えながらやだ
  • 下着姿の彼女たちは
  • ピストンを繰り出した

Tagged as: , ,