肉棒を咥えペニスを咥え込むなんて信じられなそ

お尻を男に向けた

アナルに注入していく

妾は、みんな飲み込んであるから、ちゃんと折檻を受けて、もっとよい子におなり。ね?ここで抗うよりも、旦那様のお心におすがりするんだったろう?泣きそうな表情になりながらも、そこで口を閉ざしたのは、葵の決意なのかもしれません。でもね、旦那様、なんだか、聞いたところだと、尻の叩きようも、ずいぶんひどくなさるようじゃありませんか。い、いやあ、最初はちょっと加減を間違ったんだけど、その後は…その話題を繰り返されるのは、あまりにも恥ずかしくて、モゴモゴとお茶を濁そうとするのですが、たたみかけるように八重さんは優しく叱ってきました。
オスマンコで

股間に密着し

私の愛しい旦那様が、女のは、ちょっとまだ早いですよ。楽しむだなんて。女のようなか細い身体のお尻を打って楽しむの横9%も真っ赤ですが、私の顔も真っ赤になっていたはずです。じゃあ、旦那様は、尻を打つのは楽しんでいなさらないので?も、もちろんだ。当たり前だろ。ああ、よかった、じゃあ、こうしてくださいよ。罰というのは尻を打たずにするのでもよろしゅうございますか?

 

オーガズムを何度も迎えたのだ

肉棒が反応するどうしたらいいんだい?
あのですね。下町じゃ、子どもや女の尻を打つのはよっぽどのことをしでかした時か、夫の趣味だけなですのさあチクリとした言葉に、苦笑と恥ずかしさで顔が引きつっていたはずです。で、ですね、ここは、あたしも協力致しますから、くすぐって、大いに笑いながら後悔させるってのはいかがでしょうか?くすぐる?え?あのこちょこちょするヤツ?はい。恐らく葵には、くすぐると言う言葉は腑に落ちていかないのでしょう。
調教されていた二人は逆らうことなど思いもよら

尻を突きだすように腰をおろしていくきょとんとした表情で私と八重を交互に見つめます。その瞬間、八重さんが、私に何を贈ってくれるつもりなのかたのか悟った私は、心から感謝していました。ウンと頷くと、それじゃあ早速、と葵に絣を脱ぐように言いつけます。え?ぬ、脱ぐのでございますか?その反問は私に向けられています。泣きそうな表情ですああ、うっかりしてましたよ。そうだね、葵太ゃ。

お尻を開きながら


旦那様に先にそっちを申し上げなきゃいけなかった。泣きそうな目に、戸惑いの色。それを無視して、八重さんが旦那様、実は。と深刻な声色で言葉をつないだのです。は?実は、昨日、この子から相談を受けていたんですよ。なんでも、男のくせに、胸が膨らんで困るって。八重さん!いいんだよ、大丈夫、旦那様はなんでもご存じの、帝大卒の学士様だよ。
オッパイを出す必要なんてないでしょ

尻の割れ目がキュッとすぼまった

乳首を見せなさいお前が心配するようなことにはならないって、妾は契ったはずだよ?信用をしそれでも八重に向けた抗議の視線を無視してこっちを振り向くとと言うことで、私に任せていただけますか?と真顔で尋ねるのです。私はこの話に乗ってみようと思いました。何も知らぬまま、八重に乗せられて無事、男となった晩のように、このまま何も知らぬ気に

Tagged as: ,