乳首はピソク色で小さく

ペニスを抜いた

実際、淫らな写真のオンパレードは、すでに圭佑の股間をムズムズさせていた。理名の様子を横目で窺うと、彼女はまったく表情を変えず、平然とした顔つきをしている。理名さんはこのパッケージを見て、どう思っているんだろう。男の性欲を煽るための写真だし、男優の顔が写ってるわけでもないし、やっぱり何も感じないのかな。それとも、仕事と割り切っているんだろうか?
ローション

子宮がずきんと疼きました

圭佑がそう考えていると、理名はすっくと立ち上がり、事務机へと向かった。二人分のカッターとステンレス製の定規、そして緑色のカッターマットを両手に戻ってくるいい?私がお手本を見せるから、よく見ててね。理名はパッケージ写真をマットの上に置き、カッターと定規を手にした。紙の四つ角と中央に、十字線が入ってるでしょ?

 

お尻の穴も溶けそう


ペニスが入ってくると

そこに定規を当てて、カッターで切っていくの。ずれて切っちやうと、ケースに入らなくなるから注意して。スッスッとカッターを滑らせ、四つに分かれた写真の一つを、理名はDVDケースのビニール部分に差しこんでいく。これで一本出来あがり。これって一つ一つ手作業でやってたんですね。全然知らなかった。ホントは外注で頼むらしいんだけど、うちはまだ独立したばかりだし、これも倹約の一つらしいわ。それじゃ、始めましょうか。
巨乳ではないかもしれないけど

オーガズムにありつきたいのだ席一つの間隔を開け、二人は指示された仕事を黙々とこなしていったが、やはりどうにも落ち着かない。それはパッケージの淫ら写真も原因だったが、これから始まる撮影が気になっていたことが一番大きかった。分ほどすると、亜衣が現れると、二階から女優と男優がぞろぞろと下りてくる。事務所の扉はバタンと閉められた。最後に夏希、真理子、そして
事務服ではなく、三人の派遣女優たちは、を着用している。
アナルに口付けた
アナルに口付けた

セックスしろと命じられるものだとばかり思って

ムクムクッと乳首がキャリアウーマンという設定なのか、普通のスーツよろしくお願いしまぁす。よ、よろしくお願いします。彼女たちの挨拶に、圭佑は顔を真っ赤にさせながら頭をペコリと下げた。す。ナオミでぇ私はエリカ。彼女たちは企画女優なのか、決して目を惹く美人というタイプではなく、真理子と比較すると見劣りはする。だがナオミは童顔、エリカはぼっちゃり型、ユキナはスリムな美人タイプとそれぞれ愛嬌やチャームポイントがあり、普通っぽいという点では、確かにどこにでもいる女性社員という感じだった。男優は前回の撮影と同様、冴えないルックスの男たちばかりで、今回の役者も汁男優を手配したようだ圭佑は亜衣の言いつけに従い、ちょうど事務所内を見渡せる席に座っている。
オスマンコで

下半身が疼きだした

目線を上げれば、撮影シーンをすべて視界に捉えることができ、いやが上にも緊張感が漂ってくる。それじゃ、あなたはここの事務机に座ってくれる?あなたはこっちに。夏希はいつもどおり、テキパキと指示を出し、やがて撮影開始の時刻が刻一刻と迫ってきた。それじゃ、がんばっていきましょう!夏希がそう言いながらカメラを肩に担ぎ、亜衣もハンディカムを手にする。

愛撫していました

Tagged as: ,