マン汁が溢れてくるのかな

ノーハンドオナニー

少女は、両手の自由を奪われ、男に何をされても抗うことができないのだ。心も身体も捧げ尽くし、若い命を老醜にむさぼられているに違いない。やはり、思ったとおりのことが、屋敷の中で行われているようだった。すぐ、警察に…いや、それは拙い。白分のしている行為も、処罰の対象にされてしまう虞れがある決定的な写真が手に入った。
オナニーくらい

股間の間に愛人の肉体をはさみ込んだ女女

白昼の縁側で、二人が睦み合っている様子を撮ることができたのだ。渋茶色の和服を着た老人が足を前に投げ出すようにして座り、その膝を跨ぐようにして向き合っているのだった。愛らしい花柄の着物をきせられた結花は、両手を後ろ手に縛られていた。足も、正座をするときのように腿と脛を細紐で結びあわされている。俗に云う理非知らず。という体位である。

 

ペニスが再び戦慄いた


肉棒のつけ根のその--陰毛をまさぐり始めたわ

理非知らずは、もともと縄で縛った女性を強姦するために考案されたものだという。両脚を縛られた状態で抱かれると、それだけで立つことはおろか老人の膝から滑りおりることすらできなくなってしまう。しかも膝を跨ぐようにして坐らされているため、ポッカリと股間が開き、何をされても拒む術がないのだった。そればかりか、男女の部分がピタリと一致する角度でもあるため、どんなに抗っても挿入を拒むことができない無防備な姿勢である
家宅捜索が行われ、この写真なら、乱暴の事実が明白だ。
尻に康雄の硬くて熱い

股間に押しつけたこれを警察に提出すれば、を助け出すことができる。匿名で、警察に送りつければ…。あの子だが、パソコン画面にずらりと並んだサムネイル画像を一覧しているうちに、する正義感が薄れ、逆に強い嫉妬心を覚えた。助けだそうともう手遅れなのだ老人の胴を太股ではさむようにして抱かれている少女は、肩にアゴを乗せたまま辛そうに小じわを寄せていた。初めは、挿入時の疼痛にじっと耐えているものとばかり思っていた。ろが、画像を切り替えていくうちに、少女の身体に微妙な変化が現れたのである。
セックスを思い出させるだけで
セックスを思い出させるだけで

クリトリスも包皮からちょこんと突き出ている

股間をぬぐってやりながらとこ身体を揺すられているうちに、愛くるしい顔がみるみる恥じらいの色を深めていくのだ。操られるままに高ぶりを見せる姿からは、老人の手によって大人の愛を仕込まれ、悦びを受け止めることができる身体にされてしまっていることが、はっきりと見て取れた。唇を吸われ、されるがままを睦まじそうに受け止めている痴態。舌を絡めとられ、たっぷりと与えられる老人の粘液をコクリと喉を鳴らして飲み込むいじらしさ。ときおり見せる、堪えきれなくなったように腰をゆする妖艶な動きは、男の手によって教え込まれ、覚え込まされたことを如実に表しているのだった。
お尻を平手で力いっぱい叩きのめしてやった

愛撫によって真朝の側が得られた快感の度合いを

初めのうちは、湧きあがる感覚をけんめいに押さえ込もうとしているようだった。しかし、狼狽の色を隠せずにいる姿は、崩壊の時が近い付いていることをはっきりと告げていた。二人が、呼吸を合わせるようにして高見に昇っていく様子が、痛いほど伝わってきた。頂上に上りつめた二人が一つになったように身体を硬直させた。その刹那、大人の愛情をたっぷりと注がれ、無意識のうちにすべてを受け止めていたのだった。

乳首に甘しゃぶりと甘噛みを繰り返しながら

Tagged as: ,