肉棒をレイプ犯の

挿入しながら膣に擬似

最初はそれくらいの、ごく軽い感じで。真朝が私に、指示を出す。それではその指の先を小刻みに、上下や左右に動かしてみてください。指を動かす方向や速度や力の入れ方なんかを、こまめにあれこれ変えてみてくださいね。そして相手の反応をうかがい、相手が気持ちよくなるように工夫して。そこで私は言われたとおり、いろいろなやり方で真朝のクリトリスを愛撫した。
ペニスをしゃぶった

バイブを突っ込まれてよがり泣く場面を

私が愛撫のしかたを変えるたび、真朝はえぇと、それだと三十点。だとかあ、そのやり方は痛いです。零点どころか、マイナス十点。などと口にする。本や映像だと力の入れ加減などはわからないし、いろいろな愛撫のやり方を試してみて相手の反応を確かめることもできない。これはやはり、実際に女性を愛撫してみて練習するのが一番なのだろう。この日はその後、女性の膣の中を指で愛撫する方法の教習もしてもらった。

 

ザーメンを紫織の顔やおっぱいに一滴でもかけた


調教は続きました

本やヴィデオでは、膣の中の写真や映像を見ることはできない。セックスのやり方を説明する本には膣の断面図が載っていることが多いが、絵では実際に指を入れてみた時の手ざわりなどはわからない。ヴィデオの類でも、やはり手ざわりはわからない。膣の中の感じやすい部分に触れるには、どのくらいの深さまで指を入れればいいのか。その部分の手ざわりは、どんな感じなのか。
オナニーしてたんですよ

乳首にむしゃぶりついたその部分に対してどのような愛撫のしかたをすれば、相手の女性が気持ちよく感じるのか。それらはやはり、実際にやってみて教わるのが最も効果的な
のだろう。膣の中には何か所か、刺激されると気持ちよく感じる場所があるんですよ。いわゆるGスポットですとか、あるいは子宮の頸部とかですね。子宮の頸部というのは子宮の入り口が、膣の奥とつながっている部分のことです。真朝が私に説明してくれた。
射精は真帆の口にすると決めていたのだ
射精は真帆の口にすると決めていたのだ

ペニスを沈めていった

このまま一気に挿入それらの場所と愛撫のしかたをつずつ、ご説明していきましょう。えぇと、こうかな。どうかワタルさんの指を少しずつ、ゆっくりと私の膣の中へ入れていってみてください。そこで私は自分の右手の中指を、真朝の膣の中へ差しこんだ。膣の中へと指を入れると、その女性の体の奥底へ自分が入っていくような感じがする。その女性の体の真ん中へ、自分のことを受け入れてもらえたような気がする。
挿入深度を調節できるはずのものである

股間に走る苦痛に耐え続けることができなかった

そしてその女性のことが、なんだか自分のものになったような気がして嬉しく感じられる。今までのように真朝の体の表面を触らせてもらっていた時よりも、さらに真朝のことが自分に身近な存在になったような気がする。指の先を膣の奥まで入れれば入れるほど、そんな思いは強まるようだ。しかし私が自分の指の第二関節のあたりまで真朝の膣の中へ入れた時点で、真朝が私にストップをかけた。はい、いったんそこでとめてください。

股間に視線を落とすと

Tagged as: ,