亀頭と膣の結合部から鼓膜に直接

愛撫する時も

俺のほうも耐えられそうにないがな。英次は静穂の顔を掴んで股間に引き寄せ、硬くなった肉茎を強引にねじ込んだ。頭を掴んでいた手とペニスから青い光が迸り、静穂の全身が激しく痙攣した。えっ、お、雄臭いげほっ、えふっ、ああ、俺は男だからな!·Aびこう英次の臭いが鼻腔に流れ込み、呼吸するたび静穂を狂わせる
フェラチオ奉仕の時からそうなのか

射精しようともせず

嬉しいんだよな、俺のモノに蹂躙されるのは!げふ英次が静穂の顔を掴み、生臭い肉の塊を何度も喉の奥にネジ込んでいく。そのたびに、青い光が静穂の全身を駆け巡った。口内に広がる苦みに頬を赤らめながら、静穂は自分の乳房を揉み倒す。下腹部が熱くなりジュンと何かが聖裂を潤す感触に、静穂は大きく尻を振った。そろそろ出すぞ!

 

下着も坂田の掌や指先や


子宮の奥が熱い

ひゃ、ひゃい0んっ、ひやふ、じゅぶ。強引な行為に戸惑いもせず、静穂は舌を亀頭に擦りつける。が嬉しくて、顔を前後に動かした。英次の分身が硬くなっていくの
あん、んくつ、ひゃ、あひゃ、ひょ…っ、んあ!
肉棒をレイプ犯の

尻を吊り上げビュクツービュクウウツ!ビュウウツッッッ!多量の精液と欲情パルスを流し込まれ、静穂が全身を震わせる。感電したように身体を震わせながら、静穂はごろんと仰向けに倒れた。静穂は絶頂の余韻とともに倒れたまま、サトリと櫻子に視線を向けた。その言葉に二人はすぐさま反応し、すでに自慰で快感を貪っていた身体を起こすと、灼熱の怒張に向かって-ビーチフラッグのようにダッシュした。…あ、あれ?
膣が無残によじれる
膣が無残によじれる

オーガズムは

セックスの欲求が高まって指で慰めているとき英次の目を丸くする静穂を無視し、一本の棒を舐り始めた。二人は英次の股間に殺到する。そしてそのまま、奪い合う様にんっ、先輩に、譲れっ!これは…、んちゅっ雄の象徴を挟む形で二人が対抗する。雷光が何度も迸り、二人は下半身を突き上げ蠢かせる。本物の尻尾のように揺れるアナルバイブが、二人の姿をケモノらしく見せていた。
膣をねぶりまわしていく

フェラチオ

ああ、サトリは仕事、しすぎだ…。サトリの乳房に映った文字に、英次の心がたぎりだす。ように鉛筆で書き入れた英。のサインだった。俺のサインがある。やはり、俺のモノだ…。それは自分の加筆した部分が分かるそして、英次が発情させた女は、やはり英次のものだった。英次は無防備な二人の膨らみに腕を伸ばし、ぐっと握りしめる乳房から全身に放たれた雷撃が、二人の身体を青く光らせる。

男根はもう腹を打つほどにそそり勃っている

Tagged as: ,