オナニーしてただなんて言葉を運転手に聞かれる

肛門に人間離れした巨大な 子宮をふつふつと湧かせる本能が 芳恵はまた、その添削指導が実にいい加減に思え、俳誌の購読を止めた。世話役の女性から句会案内とともに出席をうながす手紙が届き、それを放つておくと今度はテカテカ顔の主 … Continue reading “オナニーしてただなんて言葉を運転手に聞かれる”

お尻のほうから引きおろしはじめた

亀頭が上を見あげている だが、お尻の下にオシメをあてがわれているのは、十七歳の少女なのである。たんなるごっこ遊びだけですむはずもなかった。淫らな血で腫れたような指が、女の子の弱点とらえ、泣き出すほどに責め立てるのだった。 … Continue reading “お尻のほうから引きおろしはじめた”

奴隷らしく男根を擦り立てている紫織に対しては

ペニスだった真帆は何度も絶頂に押し上げられて いえ、私は響ちゃんがここまで思いつめてるなんて、想像できませんでした。姉として失格です。私、もう少し響ちゃんとお話しないといけないみたいです。この子はちゃんと反省させますから … Continue reading “奴隷らしく男根を擦り立てている紫織に対しては”